HOME > VOLTA Belting Technology

VOLTA Belting Technology社





VOLTAについて
ボルタベルティングテクノロジー社は、50年以上の間コンベヤベルトの生産で熱可塑性エラストマ(TPE)の利用を押し進めてきました。

ボルタベルティングの単一素材ベルトは高品質で、特に寸法の正確さと品質の安定性に優れています。素材は、切断抵抗や耐摩耗性に優れ、水や油やその他の液体への不浸透性に優れています。設置が容易で、作業スペースへの汚染を最小限に抑え、もしダメージを受けたとしても、裂けたり破れた部分を効率良く修理することが可能です。

ボルタベルティングのポジティブドライブベルトは、一般的なベルトの数ある問題点を克服するユニークなデザインのベルトです。蛇行がなく、ローラーの摩擦による駆動も必要がない為、湿った環境(水中も可)でのスリップの心配もありません。それによってコンベヤを長持ちさせ、食品加工工程を最後まで安全に保つ事ができ、食品を購入しやすい価格で提供出来るようになります。フードベルトは、FDA, USDA, USDA Dairyの認証を得ており、EC規格にも適合しています。HACCP認証、CIP基準にも適合しています。

一般産業用ベルトでは、高い耐久性のベルトによりメンテナンスや停止時間の削減が可能になります。ボルタベルティングは木材や家具、紙や梱包用品、金属、自動車、リサイクル産業やロジスティクスのような特化された産業にも商品を提供しています。

ボルタベルティングはVベルトと丸ベルトの幅広い製品レンジを誇っています。例えば、ローラーコンベヤの駆動ベルトとして数多く使用されています。

ボルタベルティングは50か国以上もの国々に、経験豊富なセールスとテクニカルサービスサポートを配置しており、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカの主な工業センターをカバーしています。現地でのトレーニングも可能です。ボルタベルティングの主な加工工場は北アメリカとヨーロッパにあります。
ボルタベルティングの革新的なテクノロジーは、生産性の向上と拡大、コスト削減と設置の簡略化をお約束します。

食品の安全性
ボルタベルティングの食品用ベルトは衛生面が向上し、細菌による汚染のリスクやコンベヤの停止時間を減らし、商品の保存可能期間が長くなり、コスト削減に繋がります。食品加工業界の新たなチャレンジとなるでしょう。

ボルタベルティングは、食品用コンベヤベルトの発展により、今日の食品加工業界の多くの厳しい問題を解決しています。コスト効率の高さが食の安全へと繋がり、特にベルトが食品に接触した際や、汚染を引き起こすような取扱い(例:隣接したコンベヤー等)の時に効果を発揮します。

衛生面では真新しいものはありませんが、近年のより厳しい法規制や安全のガイドラインを満たしています。加えて産業界は再編成が行われており、大企業が中小企業を買収し衛生基準を徹底させたり、安全維持の為に新たな子会社を設立させたりしています。

ボルタベルティングの食品用コンベヤベルトは、最高基準の品質と食品加工業界の信頼に応えるベルトです。ボルタベルティングの全ての食品用ベルトは、衛生面と安全性を考慮して作られています。HACCPシステムと互換性があり、ほとんどのベルトはFDA/USDAとECに準拠しています。

国際規格・加盟団体
ボルタベルティングは、ISO9001:2008に基づき品質マネジメントシステム(QMS)の運用を行っています。

ボルタベルティングのポジティブドライブベルトとフードベルトは、下記国際規格に準じています。
・USDA dairy
・NSF/ANSI/3-A 14159-3-2010
・CFR21 USDA - FDA article 21 CFR 177.2600, article 21 CFR 175.300
・EU規制 No.1935/2004, No.10/2011/EC, 2002/72/EC
・ドイツ規格 BfR XXI

ボルタベルティングは名誉あるプロフェッショナルな工業団体のメンバーです。
・EHEDG(欧州衛生工学設計グループ)
・NIBA(国際工業ベルト協会)ボルタベルティング

株式会社テスコムは日本での輸入代理店として、販売・加工・技術サポートを含めたサービスを提供しております。